クリクリ教室

クリクリ教室へようこそ!

こんにちは。「クリクリ教室」運営代表のクリリンです。(プロフィール記事はこちら)

このブログでは、旧帝大医学部をはじめとした“全国最高峰”の学力を誇る錚々たるメンバーを集め、受験情報を公開しています。

誰でも簡単に情報が手に入るこの時代だからこそ、全国どこからでも“日本トップの学力層”の考え方に触れる機会を作るべく、サイトを設立しました。

このブログを通して、《人生を変える転機》を掴んでいただけたらと思います!ゆっくりしていってね!

投稿記事一覧

春期講習/夏期講習/冬期講習が全く不要である理由

2022/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「クリクリ教室」の運営代表。 高3京大模試でE判定ながらも京大医学部に現役合格。平凡な学生が京大医学部に合格するまでの道のりを全部晒します。 趣味はソフトテニス、人生哲学、投資、お笑い、YouTube。 モットーは「“言葉”の力であなたの人生に転機を」
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。クリリンです。

受験を攻略する上で、春休み・夏休み・冬休みの学校の長期休暇をどのように活用するかという戦略は非常に大切であることは間違いありません。

しかし、そんな塾や予備校の謳い文句に乗せられて、春期講習/夏期講習/冬期講習を当たり前のように受けるという人はとても多いように思います。

「周りの皆んなが通ってるから、自分も通わないと不安。」と思って通ってる人も多いのではないでしょうか。

この考え方、とてつもなく危険。

最初に結論を言うと、「自分で勉強できる人には、春期講習/夏期講習/冬期講習は全くもって不要」です。

僕自身も、高1の夏期講習は受講しましたが、その後は必要性を感じなくなり、高2〜高3では講習は一切取りませんでした。

その理由をお話ししていきます。

春期講習/夏期講習/冬期講習が全く不要である理由

重ねて言いますが、多くの人にとって春期講習/夏期講習/冬期講習は受けるだけ無駄。

そもそも「塾・予備校」なんていうものは勉強を進めていく上での補助的な役割を担うに過ぎません。

にもかかわらず、塾や予備校にの言われるがままに大量の講習を受講しているなんて人がいれば、まさに受験業界の「カモ」です。

大前提として、塾や予備校が講習の受講を進めるのは「ビジネスだから」と言う事実は忘れないようにしておきましょう。

特に春期講習/夏期講習/冬期講習は、通常授業に比べて授業料が割高であるところがほとんどです。早い話、講習はかなり儲けが良いので、塾側からすればより一層必要以上に受講させたがります。

短期間で成績が上がる神講座は存在しない

いくら「授業料が高い」とは言え、「多少授業料が高くても、成績が上がるのであればそれでもいい」と考える人もいるかもしれません。

しかし断言しておきますが、「春期講習/夏期講習/冬期講習」などという短期間で成績が上がるような"神講座"は存在しません。

例えば、「数学の確率の分野が苦手だから、確率の特別講座を受講しよう」なんて考える人もいるかも知れませんが、そんな1週間やそこらで苦手が克服できるのであれば受験勉強はこんなにも苦労しません。

確かに、受講する分にはマイナスになることはありませんが、高い授業料を払うぐらいなら自分で確率の勉強をすればいい話です。

講習を取ったところで、「苦手が克服できる魔法のような問題」が取り扱われている訳ではありません。

受験勉強に魔法や裏技などというものはなく、成績を上げるためには地道に努力するしかないということを改めて認識しておきましょう。

講習内容はほぼ全て参考書に載っている

講習を取ったところで「苦手が克服できる魔法のような問題」が取り扱われている訳ではないのなら、一体どのような問題が扱われているのかといえば「参考書に載っているような普通の問題」です。

結局、受験勉強などというものは、最終的に受ける試験は同じなのですから、塾に通っていようが独学で勉強しようが「やるべきこと」は一緒であるはず。

僕も実際に色々な予備校の講習テキストを覗かせてもらったことがありますが、どれも「参考書に載ってるなぁ。」と感じることばかりです。

特に最近は、様々なニーズに合わせて多種多様な参考書が出版されており、むしろ独学で勉強を進めた方が良いと言えるほど質の高い参考書が出揃っています。

どうせ同じ問題に取り組むのであれば、高い授業料を払うよりも、少額で済む参考書で取り組んだ方が合理的です。

関連記事
僕が高校生時代に実際に使っていた参考書はこちら。

 >>関連記事:【合格体験記】京大医学部現役合格までに使っていた参考書・勉強法のすべて

自分でやった方が効率的

これはそもそも「集団授業」という形式そのものに対して言えることですが、講習は今の自分の学力レベルに合わせてくれません。

確かに、講座によって授業のレベルを大体調整することはできるかもしれませんが、1問1問で「分かる」「分からない」は人それぞれですよね。

ともなれば、「分かる」ところまでキッチリと解説されてしまい、その分効率も下がります。

また、大抵の講習は1週間程度という短い期間で行われるため、取り扱う学習内容は網羅性に欠けます。

「網羅性の悪いテキストで、分かる問題まで解説される。」

これほど非効率なことはありません。

講習でやることのほとんどが「復習」です。

通常授業にて、初めて学習することで「分からない」ことだらけの分野を教えてもらうならまだしも、問題を解き、解答を見て答えあわせ、間違えた問題の解説を読み、 分からないところを解決する、という流れは自主学習と何ら変わりません。

金銭的な意味でも、学習効率的な意味でも、総じて言って「自分で勉強できる人には、春期講習/夏期講習/冬期講習は全くもって不要」なのです。

春期講習/夏期講習/冬期講習を受けるメリット:強いて言うなら・・。

講習は不要だと繰り返し言ってきましたが、当然講習に参加するメリットもあります。

勉強のペースメーカーになる

長期休暇というのは、やはり学校が無い分勉強のペースも掴みにくいもの。

「勉強しようにもどう勉強すれば良いか分からない」「自分で勉強計画を立てられない」「そもそもやる気が出ない」という人も多いはず。

ひどい場合だと、「夏休み中1度もペンを握らなかった」なんて人も見てきました。

講習をとっておけば、それだけでも最低限の勉強時間は確保できます。

そういった意味では、春期講習/夏期講習/冬期講習は最低限とっておいた方が良いという人も多いかもしれませんね。

ただし、「塾の授業でしか勉強できない!」なんて言っている人はむしろ危険。特に難関大学を目指しているのであれば、普段から自主学習に取り組めない人は合格には程遠いですよ。

関連記事
勉強計画の立て方については以下の記事にまとめておきました。

 >>関連記事:【完全講義】勉強計画の立て方-勉強計画は10割が「逆算」で決まる

人に教えてもらう方が分かりやすいこともある

独学で参考書を進めていくのと、塾・予備校で授業を受けるのどちらが「分かりやすいか」というお話です。

「勉強効率」の面で言えば、先ほどもお話しした通り独学で参考書を進めた方が圧倒的に効率的ですが、「分かりやすさ」の面で言えば、やはり塾・予備校の授業の方に軍配が上がります。

講師の解説や指摘を受けることによって、テキストに書かれていること以上の知識が得られたり、今までぼんやり分からなかったところが解決されたりなどという経験のある人も少なくないでしょう。

とはいえ、独学で参考書を進めていくのが「分かりにくい」という訳ではありませんし、十分な勉強量を積めば塾・予備校の「分かりやすさ」に勝る成果は当然得られます。

個人的には、やはり「普段は独学で進め、分からないところだけ人に教えてもらう」というのが一番効率的だと思います。

どちらの方が良いのか一概に言えるものではありませんので、「ここは独学でできる」「ここは塾で教えてもらった方がいい」など、自分自身で主体的に選択するようにしましょう。

受験への不安を解消する

特に進学校などで周りの人たちが当然のように春期講習/夏期講習/冬期講習に通っているのを見ると、「自分も通わなくていいのかな…。」と不安に思ってしまう人も多いはず。

また、最近ではネットやテレビCMなどでも合格実績などの情報が入ってきて、不安を煽られることが多いですよね。

こういった中で、「勉強を教えてもらう目的」というより「受験への不安を解消する目的」で塾・予備校を利用するという手もナシではありません。

実を言うと、難関大学に合格する人たちは、このような目的で塾・予備校を利用しているという人が多いんです。それだけに、受験はメンタル面のケアも大切なんですね。

ただし、「不安を解消するため」といって大量の講座をとっていては元も子もありません。

このような使い方をする場合は、あくまでも「最低限必要な」講座に絞って受講し、勉強の中身は効率的な独学を進めていくよう心がけていきましょう。

まとめ

まとめ
  • そもそも塾や予備校は「ビジネス」としてやっている訳であり、不安を煽って必要以上の講座を受講させられるかもしれないが、短期間で成績が上がる神講座は存在しないという事実を忘れてはならない。
  • 講習で扱われている問題は参考書に載っているような問題ばかりであり、自分でやった方が効率的であることを考えると「復習」を主とする春期講習/夏期講習/冬期講習は不要である。
  • とはいえ、講習を受講するメリットも少なからずはあるので、本当に必要なものをしっかりと選んで最低限活用することが重要である。

 

基本的に、塾・予備校は「ビジネス」として講習の営業をかけてきているという前提を忘れてはいけません。

講習が必要かどうかというのは、結局は自分次第。

ただ、講習参加を強制する塾や、講習に参加しないと伝えたらしつこく勧誘されるとか、成績の低下などの脅し文句を言われるように なるとか、そのようなことを塾がしてきたら、その塾はすぐにでも辞めてください。

その塾はあなたのことを「儲けを生むカモ」としか見ていません。

大量に講習を取ってしまっても、「復習」する時間がありません。大量の講習を取らせようとしてくる場合、その時点でOUTです。

繰り返しになりますが、勉強の基本は「独学」です。

メリットとデメリットを比較し、本当に必要だと思ったものだけ受講するようにしましょう。

関連記事
塾・予備校に頼らない独学成功のポイントはこちらの記事にまとめておきました。

 >>関連記事:大学受験には独学が最適な理由-独学成功のポイント
この記事を書いている人 - WRITER -
「クリクリ教室」の運営代表。 高3京大模試でE判定ながらも京大医学部に現役合格。平凡な学生が京大医学部に合格するまでの道のりを全部晒します。 趣味はソフトテニス、人生哲学、投資、お笑い、YouTube。 モットーは「“言葉”の力であなたの人生に転機を」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© クリクリ教室 , 2021 All Rights Reserved.