クリクリ教室

クリクリ教室へようこそ!

こんにちは。「クリクリ教室」運営代表のクリリンです。(プロフィール記事はこちら)

このブログでは、旧帝大医学部をはじめとした“全国最高峰”の学力を誇る錚々たるメンバーを集め、受験情報を公開しています。

誰でも簡単に情報が手に入るこの時代だからこそ、全国どこからでも“日本トップの学力層”の考え方に触れる機会を作るべく、サイトを設立しました。

このブログを通して、《人生を変える転機》を掴んでいただけたらと思います!ゆっくりしていってね!

投稿記事一覧

【大学受験】逆転合格の可能性-逆転合格はそう甘くない

2022/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「クリクリ教室」の運営代表。 高3京大模試でE判定ながらも京大医学部に現役合格。平凡な学生が京大医学部に合格するまでの道のりを全部晒します。 趣味はソフトテニス、人生哲学、投資、お笑い、YouTube。 モットーは「“言葉”の力であなたの人生に転機を」
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。クリリンです。

高校3年生の秋に受けた京大模試でE判定を叩き出し、そのまま京大医学部に現役で逆転合格しました。
その後も、塾講師・家庭教師の経験を通して数多くの生徒を指導してきました。

今回はその経験のもと、逆転合格がそう甘くないというお話しをしていきます。

ここは少し耳の痛いお話かもしれませんが、本気で逆転合格を目指す方のためにも、感情論は排除し、あくまでも「本当のこと」に即して、「逆転合格の真実」をお話ししていきます。

逆転合格とは

「逆転合格」とは、
“合格圏外、特に模試でD・E判定を取っているような人が大学受験本番で合格を勝ち取ること”
というのが一般的な意味合いでしょう。

すなわち、逆転合格するためには短期間で大量のライバル受験生をごぼう抜きしなければならないということであり、そのためには相当過酷な努力を要することは想像に難くありません。

D・E判定を取った時期にもよりますが、大学入試本番に近ければ近いほど逆転合格は難しくなります。

何故難しいのか。
どれほど難しいのか。
そして、どのような人が逆転合格できるのか。

今回はそんなお話をしていきましょう。

逆転合格が難しい理由

「逆転合格は難しい」
そんなことは皆さんも分かっているでしょう。

受験生全員に平等に与えられた時間の中で、他の受験生よりも大きく学力を伸ばすことはそう容易いことではないのです。

何故それが難しいのか。
事実に基づいて再認識しておきましょう。

ライバル受験生も勉強してるから

100%統計が取れている訳では無いので、確実に受験生が全員必死こいて勉強していると言い切れる訳ではありませんが、ある程度以上の偏差値の大学ともなれば、ほぼ間違いなく受験生は勉強しています。

A判定をとって油断している受験生もいると言われるかもしれませんが、それ以上に逆転合格を狙っている受験生もいます。

合格したい気持ちは皆同じなので当然です。

他の受験生と同じやり方で同じ量だけ勉強しても、逆転合格に到達することは出来ないのです。

大学受験は相対評価だから

大学受験は”受かる人”もいれば”落ちる人”もいるという相対評価の世界です。

「逆転合格は誰でもできる」
という謳い文句は塾・予備校がセールストークの常套句として頻用している言葉ですが、これは真っ赤な嘘です。

少なくとも”落ちる人”がいる以上、「逆転合格は誰でもできる」というのは理論上不可能だということは、賢明な皆さんならお分かりいただけると思います。

本気で逆転合格を目指すのであれば、そういった甘い言葉に惑わされないようにしてください。

逆転合格はどれほど難しいのか

努力

逆転合格が難しいことが再確認できたところですが、
「難しい」とは言えど、実際に逆転合格している人がいる以上、不可能という訳ではありません。

では逆転合格はどれほどの難しさなのかというお話をしておきます。

人生の積み上げの全てをひっくり返す努力量

“学力”というものは結局のところ、これまでの人生でどれほど勉強してきたかという積み上げによって決まるところが大きいです。

逆転合格をスポーツで例えるなら、
高校に入って初めて野球を始めた人が、小中高と続けて野球をやってきた人に勝たなければならないという状況と同じような状況だと言えば分かりやすいでしょう。

スポーツなら納得する方も多いようですが、勉強でも同じことです。

人生の積み上げの全てをひっくり返すための努力量は尋常でないことはお分かりいただけると思います。

実際に逆転合格に成功する受験生は一握り

ネット上でも、(僕を含め)
「E判定から逆転合格しました!」
といった経験を謳う方はチラホラといらっしゃいますが、それは生存者バイアス盛々の情報だということを忘れてはいけません。


“大学受験”は、(倍率が2倍以上であれば)「受かる人」よりも「落ちる人」の方が多い戦いであり、
それに伴って
“模試”も、「判定が良い人」よりも「判定が悪い人」の方が多くなるように設計されています。

判定人数の割合
A判定5~10%
B判定5~10%
C判定10~15%
D判定10~15%
E判定50~60%
一般的な模試の判定に対する人数の比率

つまり、単純計算で考えれば、全国の受験生の大半は「逆転合格」を目指していることになります。

ところが、大学に合格する人は元から模試の判定は良い人たちがほとんどであり、実際に逆転合格に成功する受験生はごくごく一握りです。


にもかかわらず、
「A判定から難関大合格!」
よりも
「E判定から難関大合格!」
の方が印象的に聞こえてしまうのです。

これこそが生存者バイアスです。

そもそも”逆転合格”というものは、順当に不合格となった大量の屍の上に成り立っているということを忘れないでください。

逆転合格できる人の特徴

以上、逆転合格は甘くないというお話をしてきましたが、何も無条件に諦めたほうが良いと言いたい訳ではありません。

実際に、逆転合格に成功する受験生はいます。

A判定でも落ちる人はいるし、E判定でも受かる人はいる
受験の常套句ですよね。
具体的にE判定の人の合格可能性は20%未満と言われていますが、逆に言えば経験則としてはE判定の人でも20%未満の可能性で合格できるということです。

では、
志望校に合格できる人と、合格できない人の差は何か。
大事な勝負で勝つために、重要な要素は何か。


僕自身が逆転合格した経験と、これまで生徒を指導してきた中で感じたことを書いていきます。

5個挙げていますが、全てに当てはまっていなければダメというわけではなく、多く当てはまっている人ほど逆転合格できる可能性が高くなると考えてください。

学校・塾の授業ペースに合わせないこと

逆転合格を目指したいのなら、学校や塾の授業ペースに合わせてはいけません。

そもそも、学校や塾の授業は一人ひとりに最適化されたものではありません。
・苦手分野
・理解度
・志望大学の問題傾向
など、個々人で特化すべき勉強は変わってくるはずです。

勉強効率が最大限まで求められる逆転合格を目指すにあたり、学校や塾の授業のペースに合わせていては確実に間に合いません。
あくまでも”独学”で、自分が分からないところだけをピンポイントで潰していく必要があるのです。

本気で逆転合格を狙うのであれば、このくらいの思い切りを持っていきましょう。

自分に足りないものを明確にしていること

逆転合格をするためには、少ない時間で効率よく学力を身につけなければなりません。

そのためにも、ただ漠然と勉強するのではなく、今の自分に足りないものをしっかりと明確にし、目的意識を持って勉強に取り組む必要があります。

特に志望大学の過去問の傾向に合わせ、
「合格最低点に達するためには何が必要か」
という視点を大切にしてください。

よくある間違った戦略として、難問題の対策に時間をかけてしまうパターンがあります。
あまりに難しい問題は他の受験生も解けないため差がつかない問題であることが多く、さらには対策に時間もかかってしまうため、逆転合格を目指す上では得策ではありません。

基本的な問題でしっかりと得点を取り切るという視点を大切にし、そのために必要なことに基づいて勉強戦略を練っていきましょう。

スキマ時間を徹底的に活用していること

逆転合格を目指すにあたって最も重要なリソースは”時間”です。
ともかく時間が無いんです。

そのため、勉強時間を少しでも多く捻出するために、スキマ時間は徹底的に勉強につぎ込んでください。

・電車に乗っている時間
・授業開始までの待ち時間
など、ありとあらゆる空き時間を利用しましょう。

1日30分のスキマ時間を確保することが出来れば、1年間でおよそ180時間。
参考書で言えば5~6冊は読み終えることの出来る時間です。
参考書5~6冊をやるかやらないかでは、まさに合否に直結し得るほどの勉強量の差です。

短期間での逆転合格を狙うのであれば、少しのスキマ時間でも妥協することなく活用していきましょう。

勉強法を毎日改善していること

逆転合格のためには、勉強量にこだわると同時に、勉強の質にもこだわらなければなりません。

人によって最適な勉強法は様々です。ネットに書いてある勉強法や学校の先生に教えられる勉強法よりも、もっと効果的な勉強法が存在することもあるでしょう。

自分に合った勉強法をいち早く見つけることができれば、その先の受験勉強を最大効率で進めていくことができるます。

常に自分のやり方に疑問を持ち、1日でも早く最適な勉強法を見つけられるように勉強していきましょう。

最後まで諦めないこと

当然ですが、諦めないでください。

逆転合格を目指すにはとても厳しい戦いを強いられ、メンタルの面でも大変です。

常に落ちるかもしれない恐怖と隣り合わせで戦い続けなければなりません。
親や友人からも「お前には無理だ」と否定的な反応をされることもあるでしょう。
正直、運要素も大きく関与してきます。

逆転合格に成功する人の多くはそんな環境をも乗り越えてきています。

もちろん、自分を冷静に見つめ直して志望校を下げることも戦略の一つです。
ただ、特に現役生は入試本番までの最後の最後に飛躍的に成績が伸びることも大いにあり得ます。

あくまでも最後まで走り抜いた者にのみ逆転合格のチャンスが与えられるということは忘れないでください。

最後に:逆転合格を目指す人へ

ここまで逆転合格の難しさについて、少々心を鬼にしてお話ししてきました。

しかし、最初にも言いましたが、何を隠そう僕自身も逆転合格をした身です。

「逆転合格なんて誰にでも出来る」などとは断じて言いませんが、「不可能だ」とも決して思いません。

結局、信じるべきは他でもない”自分”です。

僕は挑戦する人を積極的に応援しています。

関連記事
逆転合格を目指す人が具体的にすべきことをまとめました。

【大学受験】逆転合格を本気で目指す勉強法
この記事を書いている人 - WRITER -
「クリクリ教室」の運営代表。 高3京大模試でE判定ながらも京大医学部に現役合格。平凡な学生が京大医学部に合格するまでの道のりを全部晒します。 趣味はソフトテニス、人生哲学、投資、お笑い、YouTube。 モットーは「“言葉”の力であなたの人生に転機を」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© クリクリ教室 , 2020 All Rights Reserved.