クリクリ教室

クリクリ教室へようこそ!

こんにちは。「クリクリ教室」運営代表のクリリンです。(プロフィール記事はこちら)

このブログでは、旧帝大医学部をはじめとした“全国最高峰”の学力を誇る錚々たるメンバーを集め、受験情報を公開しています。

誰でも簡単に情報が手に入るこの時代だからこそ、全国どこからでも“日本トップの学力層”の考え方に触れる機会を作るべく、サイトを設立しました。

このブログを通して、《人生を変える転機》を掴んでいただけたらと思います!ゆっくりしていってね!

投稿記事一覧

【大学受験】逆転合格を本気で目指す勉強法

2022/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「クリクリ教室」の運営代表。 高3京大模試でE判定ながらも京大医学部に現役合格。平凡な学生が京大医学部に合格するまでの道のりを全部晒します。 趣味はソフトテニス、人生哲学、投資、お笑い、YouTube。 モットーは「“言葉”の力であなたの人生に転機を」
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。クリリンです。

高校3年生の秋に受けた京大冠模試でE判定を叩き出し、そのまま京大医学部に現役で逆転合格しました。
その後も、塾講師・家庭教師の経験を通して数多くの生徒を指導してきました。

この記事に辿り着いたあなたは、きっと大学受験で逆転合格を目指していることでしょう。

今回は実際に逆転合格した経験のもと、逆転合格を本気で目指す勉強法についてお話ししていきます。

逆転合格とは

論理的思考

「逆転合格」とは、
“合格圏外、特に模試でD・E判定を取っているような人が大学受験本番で合格を勝ち取ること”
というのが一般的な意味合いでしょう。

つまり本気で逆転合格を狙うなら、大量のライバル受験生を追い抜かなければならないワケですから、高度な「戦略」や「勉強法」はもちろんのこと、相当な「努力」が必要ということになります。

逆転合格を本気で目指す勉強法

逆転合格を可能とする方法を考えるにあたってまず前提として大事なのは、
“すべての受験生に同じ時間のみが与えられている”
という現実です。与えられた時間の中で、他の受験生と同じやり方で同じ量だけ勉強しても、差は一向に縮まりません。

つまり、極限まで効率を重視した超短期集中型の勉強をしていく必要があります。

ここからは逆転合格を掴む実際の手段として、具体的に何をすべきなのかを解説していきましょう。

1.合格ボーダーを分析する

短期的に得点力を上げるためにも、実際に出題された過去問を基軸に勉強を進めていくことが得策です。

合格ボーダーを分析するため、まずは過去問に取り組みます。

この時、志望大学/学部は一つ、多くても二つに絞って集中的に取り組み、
「志望大学の過去問については誰よりも詳しい」
そう言えるくらいまでともかく徹底して分析していきましょう。

過去問の傾向を掴む

志望大学の過去問を分析し、その傾向を掴みます。

①出題分野…どの分野が頻出なのかを客観的に分析します。
英語なら長文の量(評論文or会話文)、文法や英作文の問題数など。
理数系はどの分野が出ているのか(数列・整数・微積分など)。
どういった問題が頻出なのかを研究してください。

②難易度…難問or差のつく問題or基礎なのか3つに分類します。
大学受験では到底誰も解けないような難問題も頻繁に出題されます。
一方で、誰もが解けるような基礎的な問題が出題されることもあるでしょう。
問題の難易度にどのような傾向があるのかを研究してください。

こうして各科目に関して、
・どういう順番で、
・どんな内容の問題が、
・どういう切り口で、
・どの程度重視されて、出題されるのか。
できるだけ細かく把握しましょう。

合格最低点に入り込む得点シミュレーションを組む

分析した過去問の傾向に基づいて、どのように得点をとって合格最低点に入り込むかをシミュレーションしていきましょう。

特に、科目・分野によって「得意・不得意」は個々人によって分かれる部分ですので、効果的な勉強法も人によってそれぞれです。

例えば、

・数学
大問1で〇点
大問2で〇点
・・・
合計で〇〇点

・英語
大問1で〇点
大問2で〇点
・・・
合計でで〇〇点

といった形で、

限られた時間の中、どの科目でどのくらい得点を取るのが自分にとって最も現実的なのかを客観的に評価してみてください。

2.勉強するターゲットを絞る

得点シミュレーションに基づき、次に勉強するターゲットを絞ります。

逆転合格を目指す受験生は、
「どの科目のどの箇所に限られた時間をつぎ込むか」
を決定し、同時に
「何をやらないのか」
を決める必要があります。

つまり優先順位を明確にし、戦略的に勉強を進めていかなければならないのです。

逆転合格をするためには本番までの時間が限られているため、大切なのは”何を優先し、何を捨てるか“という視点です。


以下、勉強するターゲットを絞る上でのポイントをお話しします。

配点が低い分野は勉強の優先順位を下げる

学校や塾の先生の中には全科目満遍なくやるべきという考えを持った方がいますが、これが必ずしも正しいとは限りません。

例えば、志望大学の英語の問題で英作文が出題されていないのなら、英作文の勉強は優先順位が低くなるというのは明らかでしょう。

こうして、限られた時間の中で得点力を大幅に伸ばすためには配点が低い分野の優先順位を下げるということも必要になってきます。

難問題より基本問題の対策に時間を充てる

先述の通り、大学受験では基本問題から難問題まで幅広い難易度の問題が出題されます。

しかし多くの場合、大学受験に合格するにあたっての鍵となるのは
「基本的な問題でしっかりと得点を取り切ること」
であり、難問題ではあまり差がつかないことがほとんどです。

特に逆転合格を目指す上では、対策に時間のかかる難問題に時間を充てるよりも、
基本問題で得点を取り切る対策に時間を充てた方が短期間での得点力向上が見込めるため、合格も現実的に見えてくる手段となるでしょう。

3.徹底的に時間を投下する

さて、勉強するターゲットを絞ったところで、皆さんの気になる勉強時間のお話です。

結論から言います。
・平日10時間以上
・休日15時間以上
少なくともこれだけの時間は徹底して取り組むようにしましょう。



メディアでたまに聞く話として、
「偏差値40から1日3時間勉強で難関大学に合格!」
などといった話がありますが、嘘だと思っていただいて構いません。

こういった人は、それまでの学習で点数に反映されていなかった基礎的な積み上げがある場合がほとんどです。

このような話を真に受けることなく、勉強時間を妥協しないようにしましょう。


以下、膨大な勉強時間を確保するためのポイントをお話ししておきます。

学校・塾の授業は受けない

逆転合格を目指す場合は、授業を受けずに効率的に勉強を進めていく必要があります。

そもそも学校や塾の授業というものは、個人に最適化されているワケではありません。

本来、生徒のレベルは一人ひとりで異なるため、分かるところを丁寧に解説されたり、分からないところ説明されなかったりと、授業で効率的な勉強をするには限界があります。

限られた時間内に劇的に成績を伸ばす必要がある逆転合格においては、授業に合わせて勉強していては確実に間に合いません。
あくまでも”独学”で、自分が分からないところだけをピンポイントで潰していく必要があるのです。

※授業中の”内職”が、社会的に良いものかどうかは別のお話として、「授業に合わせていては間に合わない」ということは頭に入れておいてください。

>>関連記事:大学受験には独学が最適な理由-独学成功のポイント

スキマ時間を最大限活用する

少しでも多くの勉強時間を確保する上で大切なのは「スキマ時間」の活用です。

日常の中には普段何気なく過ごしている時間でも、より有効に活用できる時間が散りばめられているはずです。

特に逆転合格を目指す場合、常に勉強のことを考え、スキマ時間を最大限まで利用してやらなければなりません。

身体は壊さない程度に、それでも多少は無理をして、ライバル受験生と差をつけていきましょう。

 >>関連記事:スキマ時間の最大限活用勉強法-スキマ時間の使い方で合否が決まる

睡眠時間は削らない

逆転合格を目指す上で、ともかく大量の勉強時間を確保しなければならないことは間違いありませんが、睡眠時間を削る必要はありません。

脳科学的にも、睡眠時間を十分に確保できなければ、思考・言語・記憶などを司る大脳皮質の働きが落ち、効率的な学習を進めることが出来ないことが分かっています。

最近では眠気に負けないようカフェインやエナジードリンクなどを利用して勉強に取り組む人も多いようですが、やはり脳科学的に見ればあまり合理的とは言えません。

睡眠時間は最低でも6時間は確保し、適宜仮眠も取り入れることによって、効果的な学習を進めるようにしてください。

>>関連記事:勉強効率を上げる「仮眠」のポイント-仮眠の効果が絶大です

最後に:逆転合格を目指す受験生へ

もちろん、ここでお話ししたことを実践すれば、必ず合格できるわけではありません。もっと言えば、こうしてターゲットを絞って勉強したことが全く外れるというリスクもあります。

それでも、現時点で合格が絶望的な人にとって、短期間で合格可能性を最大化する勉強法として提唱しておきます。

決して楽な勉強法ではありません。当然です。
目指すべきは「合格」ではなく「逆転合格」です。


自分なりの最適な逆転合格ルートを見出し、ライバル受験生よりも圧倒的な効率で、効果的な学習を進めていってください。

この記事を書いている人 - WRITER -
「クリクリ教室」の運営代表。 高3京大模試でE判定ながらも京大医学部に現役合格。平凡な学生が京大医学部に合格するまでの道のりを全部晒します。 趣味はソフトテニス、人生哲学、投資、お笑い、YouTube。 モットーは「“言葉”の力であなたの人生に転機を」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© クリクリ教室 , 2021 All Rights Reserved.